ダイエット代表食「こんにゃく」

ダイエット代表食「こんにゃく」

ダイエット代表食「こんにゃく」

ダイエットといえば、低カロリーのものを摂取して全体のカロリーを抑える方法が度々用いられています。低カロリー食の代表とも言えるべき存在ですよね。昔からダイエットをする人の身近な食品として親しまれてきましたが、今でもダイエットに効果的です。ではどのような効果があるかみていきましょう。

「グルコマンナン」がダイエットの強い味方

こんにゃくの主成分であるグルコマンナンは、カロリーが無くほぼゼロに近い成分です。このグルコマンナンがダイエットの心強い味方になってくれるのです。グルコマンナンは食物繊維の一種で、水溶性食物繊維の仲間に分類されます。この水溶性食物繊維は水に溶けることで膨張し、消化吸収を遅らせる効果があるため食前に食べることで、その後に食べたものを内包し消化吸収速度をゆっくりとしたものにするのです。

そうすると血糖値の急激な上昇を抑え、食べすぎることを予防するだけでなく、胃の中に消化物があることで空腹感を紛らわせる、いわゆる腹持ちを良くさせることができるのです。

便秘解消にも効果あり!

こんにゃくに含まれるグルコマンナンですが、このグルコマンナンが腸に到達すると、その含んだ水分が便に浸透し、柔らかくして排出しやすくする働きもあります。近年の現代人は便秘に陥りがちなため、グルコマンナンのような便秘を解消してくれるものを摂取して体内に溜まった老廃物をデトックスするだけでもかなりのダイエット効果が期待できます。老廃物を溜めておくことは身体にとって良くないことなので、食生活にこんにゃくを上手く取り入れ便秘を改善していきましょう。

今も昔もダイエットの強い味方!

こんにゃくはその優れた性質から昔から重宝されていますが、現代でもダイエットや食べ過ぎの方にとって強い味方となります。カロリーが気になる方や、ダイエットを始めたいけど食べ過ぎてしまうという人は、こんにゃくを食前や食中に食べてみると良いでしょう。こんにゃくを使ってストレスの少ない快適なダイエット生活を送れることを願っています。

どうしてもお腹がへってしまうあなたに食欲抑制剤

ダイエットの強い味方といっても、一番のマイナスは腹持ちが悪いところです。そこでオススメなのが、食欲抑制剤と呼ばれるお薬。飲めば痩せるといった怖い薬ではありません。ご飯をお替りすることなく、一杯で十分だと感じさせてくれるイメージのお薬です。

実際に日本の病院でも処方されているBBXと呼ばれる食欲抑制剤(http://diet-bbx.com/)は大変人気があります。これを使用することによって無理なく、ダイエットを送ることができるかもしれません。それでは今日はこの辺りで失礼します。

Top