腹持ちの良い「ゆで卵」

腹持ちの良い「ゆで卵」

腹持ちの良い「ゆで卵

卵料理といえば、卵焼きや目玉焼き等色々思いつきますが、生活の身近に存在している卵というのは、とても健康的な食べ物であることをご存知でしょうか。コレステロールが高いからと食べる数に限度が設けられている家庭もありますが、卵に含まれる栄養素と腹持ちの良さを考えると、ダイエットにはもってこいの食べ物です。今回は卵本来の栄養素を知るために「ゆで卵」として見ていきましょう。

栄養が豊富なゆで卵

ゆで卵1個につきおよそ75キロカロリーと、みなさんが思っている以上にカロリーは実は低いです。しかし、この低カロリーに反して栄養素は豊富に含まれており、カルシウムやマグネシウムを始め、鉄、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンE、ビオチンと数多くのミネラルとビタミンをバランス良く含んでいます。低カロリーで栄養価が高い食品として位置づけることができるため、ダイエットをする時に不足しがちな栄養を補うことができます。

腹持ちが良い理由

腹持ちの良い「ゆで卵

ゆで卵の腹持ちが良いと言われているのが、血糖値の上昇がゆるやかである点から言えます。血糖値というのは、上昇することで体内でインスリンと呼ばれるホルモンを分泌して血糖値を下げようとする働きがあります。このインスリンが分泌されてしまうと、身体に必要以上の脂肪分を蓄えてしまう性質があるため、血糖値の急激な上昇はダイエットをする方にとってタブーな食品なのです。

しかし、ゆで卵は食べてからゆるやかに血糖値を上昇させるためインスリンも過度な分泌はされず、脂肪に変換されにくい食べ物であると言えます。そして、血糖値の上昇がゆるやかな食品というのは、腹持ちが良いという特徴を持つため、ダイエットにはうってつけの食品ということがわかると思います。

上手く活用してダイエットをしよう!

以上のことからわかるように、ゆで卵はダイエットに向いている食べ物なので、上手く食事に取り入れて栄養補給と腹持ちを良くして食べ過ぎを抑えダイエットをしていきましょう。

ダイエットは無理や過酷なダイエットをすればするほどリバウンドやストレスを抱え込み、その人の体調を崩しがちです。ダイエットをする際は決して無理なダイエットをしないようにしてください。

Top